京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 青山研究室

Staff

青山 朋樹Tomoki Aoyama

京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授

2004年 京都大学再生医科学研究所・組織再生応用分野(助教)
2009年 京都大学大学院・医学研究科・人間健康科学系専攻(准教授)
2018年 京都大学大学院・医学研究科・人間健康化学系専攻(教授)
Humanalysis Square は「人を識る場所」の造語です。病気や事故、災難、誤解、うまくいかないことの解決の第一歩はまず「識ること」から始まります。社会、個人、臓器、細胞、分子は大きさも構成要素もそれぞれ異なりますが、うまくいかないことの根源はいっしょではないでしょうか。Humanalysis Square はそんな社会の問題、個人の問題、臓器の問題、分子の問題を皆で識るために集まる広場です。今、私達はこの広場に立って大きな山を見上げています。「人を護り、人を拓き、人を創る」これは福岡県立筑紫丘高等学校の校歌の一部を引用して教員、学生が皆で考えた理念です。いつかこの広場から「人を護り、人を拓き、人を創る」ことへと踏み出していけることを目標にしております。

博士過程

D3 Hala ZeidanHala Zeidan

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程3回生

My name is Hala, D3 student. I study the transverse arch of the foot and hallux valgus deformity. It is a wide and promissing subject that needs detailed research for deeper understanding of its mechanism. Besides my research, I am currently interested in history and handy-crafts.

D3 梶原 由布Yuu Kajiwara

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程3回生

D3の梶原です。最近、大阪市内に引っ越しました。
三十路という節目の歳に見合った、仕事の出来る女になるべく頑張ります。

D2 原田 圭子Keiko Harada

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程2回生

D2の原田です。がんサバイバーを対象とした研究を主として行っています。健康上の問題を解決に導ける礎になるような研究の結果、地域社会に還元していきたいと思います。

D1 下浦 佳南子Kanako Shimoura

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程1回生

京大生活も8年目になりました、D1の下浦です。研究に明け暮れた修士に引き続き、博士でもばんばん論文を書きたいと思います。テーマは膝・足部に対する物理療法・装具療法が中心です。 飲み会幹事は後輩に譲りましたが、人事部長としては引き続き活動中です。 今年も個性豊かな後輩がたくさん入ってくれたので、研究指導にも力を入れて青山研を引っ張りたいと思います。よろしくお願いします!

D1 西田 百合香Yurika Nishida

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程1回生

D1の西田百合香です。作業療法士として病院で勤務しております。仕事と研究活動の両立に精一杯努めて参ります。よろしくお願い致します。

D1 山田 圭佑Keisuke Yamada

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程1回生

本年度より青山研のメンバーとなりました。刺激的なメンバーと新たな研究に取り組めることを光栄に思います。 エンジニアの一面もありますので、研究で得た知見を具現化し、世の中の課題解決に役立てていきたいと思います。

修士課程

M2 川邊 莉香Rika Kawabe

京都大学人間健康科学系専攻 修士課程2回生

あっという間に1年が過ぎM2になりました、川邊です。Women's healthの分野で主に妊婦さんや産後の女性のマイナートラブルを予防・改善する為の研究をしています。健康的で美しい女性であふれる社会に少しでも貢献していけたらと思っています。スポーツや運動関連の研究にも少し関われたらと思っています。研究室の個性あふれる先輩方や後輩達に埋もれないよう学生生活最後の1年自分らしく真面目にアクティブに楽しみたいです!よろしくお願い致します。

M2 横田 順平Junpei Yokota

京都大学人間健康科学系専攻 修士過程2回生

九州地方からきましたM2の横田です。
現在は圧分布を定量化および可視化できるデバイスの医療福祉分野への応用に関する研究をしています。新元号の幕開けと共に今年もさらに成長できるようチャレンジしていきたいと思います。よろしくお願いします。ちなみにシアトル・マリナーズの関係者ではありません。

M1 小武 悠Yu Odake

京都大学人間健康科学科 修士課程1回生

M1の小武悠(おだけゆう)です。広島の田舎で23年間育ち京都にやってきました。ユニークな教授とおもしろいメンバーと一緒に研究していけることに、とてもワクワクしています。健康経営に興味があり、働く人の健康に関する研究を進めていきたいと考えています。

M1 竹田 将克Masakatsu Takeda

京都大学人間健康科学科 修士課程1回生

青山研修士一回の竹田将克です。修士ではしっかりと成果を残せるよう研究を頑張っていきたいと思っています。また、私生活では規則正しい毎日を送って充実した二年間になればと思います。

M1 土居 直貴Naoki Doi

京都大学人間健康科学科 修士課程1回生

M1の土居です。京都の街を開拓しつつ、研究の方も頑張っていきたいと思います。よろしくお願い致します。

M1 根来 佳穂Kaho Negoro

京都大学人間健康科学科 修士課程1回生

M1の根来です。women's healthや栄養などに興味があります。まだ慣れないことだらけですが、充実した1年にできるよう、ONOFFの切り替えを大切に、研究も遊びも頑張ります!!

M1 松村 奈都季Natsuki Matumura

京都大学人間健康科学科 修士課程1回生

好きなことは自然の中でボーっとすること、嫌いなことは暗記すること、M1の松村です。主にスポーツ分野の研究をしていこうと思っています。今年の目標は脱・出不精。

M1 森野 達平Tappei Morino

京都大学人間健康科学科 修士課程1回生

M1の森野です。玉ねぎのみじん切りが得意です。よろしくお願いいたします。

M1 山代 千晶Chiaki Yamashiro

京都大学人間健康科学科 修士課程1回生

M1の山代です。無事修士課程に進学することが出来ました。個性豊かな同期に埋もれないように、個を出していこうと思います!よろしくお願いします!

M1 吉岡 クレモンス 紀穂Kiho Clémence Yoshioka

京都大学人間健康科学科 修士課程1回生

M1の吉岡Clémence紀穂です。フランス育ちの日仏ハーフです。パリでPTとして働いていました。研究の面白さと楽しさに触れたくて、京都大学の青山研究室に学びに来ました。現在は再生医療に興味を持っています。これから勉強と研究をしながら自分がやりたいことを見つけ、将来何に繋げられるかを考えていきたいと思います。よろしくお願いします。

4回生

梶原新Arata Kajiwara

4回生の梶原新です。ダーツとボウリングが得意です。よろしくお願いします。

向山耕平Kohei Mukaiyama

4回生の向山耕平(むかいやまこうへい)です。この度、青山研究室に所属することになりました。バスケ、高校野球観戦、筋トレが趣味です。学部で学んできたことを健康増進やスポーツ発達に活かすようなことができればと考えています。これからよろしくお願いします!

技術補佐員

山下 道代Michiyo Yamashita

青山研究室技術補佐員の山下道代です。文書管理および事務全般業務をサポートしております。よろしくお願いします。

教務補佐員

田中 麻衣Mai TanakaCellular Health

佐賀から来ました田中麻衣と申します。 青山研究室ではCellular Healthの研究のお手伝いをさせていただきます。 美味しいものと動物に目がなく、最近ついに猫と暮らす検討を始めました。 精一杯、務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

石川 葵Aoi IshikawaCellular Health

Cellular Healthの研究に携わっています、石川です。学部生時の専攻は検査技術科学で、卒業後ヒトの発生学の研究もしております。専門分野の知識を活かして研究を進めていきたいと思います。 ピアノと、恐竜の骨格を眺めに行くのが趣味です。

協力研究員

田代 雄斗Yuto Tashiro

 

・ボート競技のトレーナー活動
   今後障碍者ボート競技においては国際クライファイヤー資格取得予定
・競走馬のコンディショニング
   下肢や腰部の障害予防や、レース後の疲労回復などを担当
・株式会社HILUCO 代表取締役
   主に障碍者の就労支援を目的とした事業を展開

華井 明子Akiko Hanai

  

2018年に大学院卒業後、国立がん研究センター・支持療法開発部門/社会と健康研究センターで特任研究員として日本がん支持療法研究グループ(J-SUPPORT)の事務局をしております。 緩和ケア病棟での経験をきっかけにがん領域の認知機能障害の研究を志して大学院に戻ってきましたが、縁あってがん化学療法中の薬を使わない副作用予防の研究を行うことになり、便秘予防プログラムや末梢神経障害予防の論文を執筆しました。 新しい研究テーマと新しいお酒にチャレンジすることが大好きです!

福谷 直人Naoto Fukutani

2016年に青山研究室を卒業後、株式会社バックテックを創業しました。卒業後も研究員として研究や執筆活動を継続しながら会社の経営をしております。事業は、博士後期課程での研究テーマの一つでもありました、健康経営をテーマに企業の健康経営をサポートしています。バックテックでは、サイバーエージェント・キャピタル、日本ベンチャーキャピタル、JR東日本スタートアップ、エムスリー、MTG Venturesを株主に迎え、事業を成長させています。

堀田 孝之Takayuki Hotta

2015年に修士課程を修了したのち約3年間臨床に従事し、その後半年間ほどの海外経験を経て、関西で理学療法士、スポーツトレーナーとして活動しております。「身体の使い方に着目したランニング障害予防」をテーマに研究活動も進めていきます。年内にシンガポールで理学療法士として就職予定です。趣味はトレーニングと海外旅行です!

松下 智史Tomofumi Matsushita

2017年に青山研究室を卒業し、現在京都市内の回復期病院で理学療法士として勤務しています。研究題材としましては、仕事というものにフォーカスし、仕事がもつ運動の要素を明らかにし、高齢者の定年後の生き方を提案できればと考えています。

森野 佐芳梨Saori Morino

青山研で修士課程を修了した後、慶應義塾大学で博士号を取得し、現在は大阪府立大学で教員をしています。主な研究テーマは産前産後の腰痛改善です。新しいもの、面白いことに挑戦するのが大好きで、今後も女性の健康増進を目指して楽しい活動を続けていきます!

山岡 彩加Ayaka Yamaoka

「にこにこ暮らせる地域づくり」をテーマに、研究サポートや講演活動をしている青山研究室卒業生です。 ◎License:理学療法士,「転倒予防体操Step+」主任インストラクター ◎Keywords:健康づくり/生きがいづくり,高齢者介護予防/孤独死/熱中症予防,障がい者スポーツ/就労支援,normalization,successful ageing

吉村 和也Kazuya Yoshimura

2013年に修士課程を修了した吉村です。卒業後2年間厚生労働省で政策づくりに携わり、2015年から株式会社メディヴァでコンサルタントをしています。自治体の地域包括ケアシステムの構築支援のほか、企業のヘルスケア領域の新規事業開発支援などを通じて、質の高い医療・介護・予防サービスを誰もが受けられる世の中の実現を目指しています。

石原 美香Mika Ishihara

学生時代、東京の会員制フィットネスクラブなどでエアロビクスインストラクターとして活動。 『ネスレ日本「Vittel」』『NHK「趣味悠々」』にも出演。その後地元の名古屋戻り、日本最大の産婦人科グループにて産前産後の運動指導に従事。これまで延べ30,000名以上の指導を行う。また産前産後教室の企画・開発・指導者育成や妊娠期のマイナートラブルについての研究、さらに東南アジアでの妊婦の運動指導も経験。現在は、愛知県名古屋市にて「マタニティ・産後・メノポーズ・女性専門スタジオヴォール」を開業し、ウィメンズヘルスに特化した運動指導を提供している。

南 征吾Seigo Minami

昭和52年、京都生まれ京都育ちです。作業療法士です。青山教授とは、2018年にロボットに関するリハビリテーションの会合で知り合いました。会合でのプレゼン後に、「面白い研究だね」と感心を寄せていただき、気さくにお話しをさせて頂きました。その後、ロボットリハビリテーションについて熱く語るようになり、この縁を切掛けに青山研究室の仲間に加えて頂きました。これからも、夢見る力を希望に、皆様の役立つ研究をつくれるよう、尽力して参ります。

研究生

陳 昶諭Chen Cho-yu

研究生の陳です。去年台湾から京都にまいりました。修士に進学できるように、今は頑張って勉強中です!勉強だけではなく、日本の生活も満喫したいと思います!

このページの先頭へ