京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 青山研究室

Staff

青山 朋樹Tomoki Aoyama

京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 教授

2004年 京都大学再生医科学研究所・組織再生応用分野(助教)
2009年 京都大学大学院・医学研究科・人間健康科学系専攻(准教授)
2018年 京都大学大学院・医学研究科・人間健康化学系専攻(教授)
Humanalysis Square は「人を識る場所」の造語です。病気や事故、災難、誤解、うまくいかないことの解決の第一歩はまず「識ること」から始まります。社会、個人、臓器、細胞、分子は大きさも構成要素もそれぞれ異なりますが、うまくいかないことの根源はいっしょではないでしょうか。Humanalysis Square はそんな社会の問題、個人の問題、臓器の問題、分子の問題を皆で識るために集まる広場です。今、私達はこの広場に立って大きな山を見上げています。「人を護り、人を拓き、人を創る」これは福岡県立筑紫丘高等学校の校歌の一部を引用して教員、学生が皆で考えた理念です。いつかこの広場から「人を護り、人を拓き、人を創る」ことへと踏み出していけることを目標にしております。

博士過程

D3 鈴木 祐介Yusuke Suzuki

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程3回生

とうとうD3になりました。鈴木です。最後の1年間、研究、学生生活、趣味、全てにおいて、悔いの残らないように全力で完全燃焼して参ります。

D3 季翔Xiang Ji

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程3回生

博士課程の季翔です。出身地は中国の杭州です。優れた環境に恵まれ、知識と人生経験を少しずつ貯めていきたいと思います。普段は省エネのためあまり喋らないで、目と耳だけで情報収集を行うマナーモードに切り替えています。でも一応興味の広い人と思うので、誰が相手としても共同話題が見つかると思います。(美術、ファッション、赤ちゃん保育の経験談が除外)

D2 Hala ZeidanHala Zeidan

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程2回生

My name is ZEIDAN Hala. I graduated as physical therapist in Lebanon. From now on, I plan to study foot deformities in women using devices.

D2 梶原 由布Yuu Kajiwara

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程2回生

D2の梶原です。最近、大阪市内に引っ越しました。三十路という節目の歳に見合った、仕事の出来る女になるべく頑張ります。

D1 原田 圭子Keiko Harada

京都大学人間健康科学系専攻 博士後期課程1回生

学内で未だ迷子になっている、D1の原田です。素敵なメンバーに恵まれて、クリエイティブな学生生活を過ごせそうで楽しみです。健康上の問題を少しでも解決に導ける礎になるような研究をしていき、地域社会に貢献したいと思います。よろしくお願いします。

修士課程

M2 下浦 佳南子Kanako Shimoura

京都大学人間健康科学系専攻 修士課程2回生

M2の下浦です。研究に明け暮れてあっという間にM1が終わってしまいました。今年も引き続き、膝の痛みに対する治療機器の効果検証等、がっつり研究する予定です。 最近では青山研の飲み会幹事・人事部長としても日々奮闘中です。 個性豊かな同期や先輩、後輩たちに負けないよう、研究も学生生活も精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願いします!

M2 備藤 翼Tsubasa Bitou

京都大学人間健康科学系専攻 修士過程2回生

M2の備藤翼です。京都に来て6年、未だに陸上部で走り続けています。気付けば学生もあと1年となりました。残り1年、研究も陸上もやりきりたいと思います。現在は物理療法機器の効果について研究しています。

M2 辰巳 昌嵩Masataka Tatsumi

京都大学人間健康科学系専攻 修士過程2回生

M2辰巳です。昨年から引き続き(東)アフリカ、とりわけタンザニア住民の健康問題に着目した介入を軸に、腰痛調査や肥満対策に関する研究に取り組んでいます。“Think globally, act locally.”の精神で開発途上国における健康問題に幅広く多方面で活動していきたいです。宜しくお願い致します。

M2 中井 謙吾Kengo Nakai

京都大学人間健康科学系専攻 修士過程2回生

M2の中井謙吾です。京都で育って18年、埼玉で学んで4年、再び京都に舞い戻って1年が経ちました。研究に励みつつ、さらにネイティブな関西弁を取り戻します。興味のあることは全部チャレンジしたいと思います。

M2 西田 裕一Yuichi Nishida

京都大学人間健康科学系専攻 修士過程2回生

M2になりました,兵庫出身の西田です.昨年に引き続き,足部に関する機能研究に励みたいです.その他,さまざまな方面の研究や面白そうなこともどんどんやっていきます. 頼りになる先輩やキャラの濃い同期に加え,後輩もできたので楽しく頑張っていきます!

M2 吉見 そよ香Soyoka Yoshimi

京都大学人間健康科学系専攻 修士過程2回生

M2の吉見です。昨年M1の半分の期間は、海外でWomen's Health分野の研究準備を行ってきました。M2となった今年はPMS(Premenstrual Syndrome:月経前症候群)の研究を中心に、国境を越え活躍できるよう学生生活最後の1年楽しんでいきたいと思います。

M1 川邊 莉香Rika Kawabe

京都大学人間健康科学系専攻 修士課程1回生

M1の川邊です。無事修士へ進学し、青山研の一員になる事ができました、光栄です。Women's Healthの研究を主にしていきたいと思っています。まだまだ分からない事だらけで不安も多いですが素敵な先輩や同期に囲まれて自分らしく頑張っていきたいです!よろしくお願い致します。

M1 横田 順平Junpei Yokota

京都大学人間健康科学系専攻 修士過程1回生

九州地方からきましたM1の横田です。京都という素晴らしい環境で出来ることを光栄に思います。何事にもチャレンジ精神を持ち、自己研鑽に努めたいと思います!

4回生

B4 竹田 将克Masakatsu Takeda

京都大学人間健康科学科 理学療法学講座

青山研に所属することになりました四回生の竹田将克です。これからどんな研究をするかまだまだ迷い中ですが、興味のある分野に少しでも関われたらなと思っています。

B4 土居 直貴Naoki Doi

京都大学人間健康科学科 理学療法学講座

4回生の土居です。野球をずっとやって来ているので、スポーツの分野であったり、それ以外にも興味のある事を見つけて研究出来たらと思います。よろしくお願いします。

B4 根来 佳穂Kaho Negoro

京都大学人間健康科学科 理学療法学講座

4回生の根来です。まだまだわからないことだらけなのですが、先輩方のお力をお借りしながら楽しく頑張りたいです!よろしくお願いします。

B4 松村 奈都季Natsuki Matumura

京都大学人間健康科学科 理学療法学講座

4回生の松村です。現在ウインドサーフィン部に所属しており、たまにビーサンで登校しています。やり切ったという思いで終われる1年にしたいと思っています。よろしくお願いします。

B4 森野 達平Tappei Morino

京都大学人間健康科学科 理学療法学講座

4回生の森野です。ラグビーで頭を打ちすぎて多少ネジが緩んでいますが、よろしくお願いいたします。

事務補佐員

山下 道代Michiyo Yamashita

青山研究室で秘書をしております山下道代です。経理および出張などの業務をサポートしております。

教務補佐員

田中 麻衣Mai TanakaCellular Health

佐賀から来ました田中麻衣と申します。 青山研究室ではCellular Healthの研究のお手伝いをさせていただきます。 美味しいものと動物に目がなく、最近ついに猫と暮らす検討を始めました。 精一杯、務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

石川 葵Aoi IshikawaCellular Health

Cellular Healthの研究に携わっています、石川です。学部生時の専攻は検査技術科学で、卒業後ヒトの発生学の研究もしております。専門分野の知識を活かして研究を進めていきたいと思います。 ピアノと、恐竜の骨格を眺めに行くのが趣味です。

協力研究員

田代 雄斗Yuto Tashiro

  

・競走馬のコンディショニング(主にCapacitive and Resistive eletric transferを用いて)
・主に片麻痺や脊髄損傷などの身体障害を持つ者に対する就労支援研究
・ボート競技のトレーナー活動(健常者、障害者ともに)
・(株)テイクフィジカルコンディショニング勤務
http://take-pc.com
http://www.cs-slab.com

華井 明子Akiko Hanai

  

2018年に大学院卒業後、国立がん研究センター・支持療法開発部門/社会と健康研究センターで特任研究員として日本がん支持療法研究グループ(J-SUPPORT)の事務局をしております。 緩和ケア病棟での経験をきっかけにがん領域の認知機能障害の研究を志して大学院に戻ってきましたが、縁あってがん化学療法中の薬を使わない副作用予防の研究を行うことになり、便秘予防プログラムや末梢神経障害予防の論文を執筆しました。 新しい研究テーマと新しいお酒にチャレンジすることが大好きです!

福谷 直人Naoto Fukutani

2016年に青山研究室を卒業後、株式会社バックテックを創業しました。卒業後も研究員として研究や執筆活動を継続しながら会社の経営をしております。事業は、博士後期課程での研究テーマの一つでもありました、健康経営をテーマに企業の健康経営をサポートしています。バックテックでは、サイバーエージェント・ベンチャーズを株主に迎え、事業を成長させています。

堀田 孝之Takayuki Hotta

ほってぃこと堀田です。青山研で修士課程を修了したのち約3年間臨床に従事し、その後ちょっと海外を旅してきました。今後はそこで築いた臨床家・研究者との繋がりを活かしつつ「身体の使い方に着目したランニング障害予防」を主題としてワクワクすることを進められたらと思っています。そして夏はマイルリレー!冬はトレイルラン!やっぱり走るのは楽しいですね!

松下 智史Tomofumi Matsushita

2017年に青山研究室を卒業し、現在京都市内の回復期病院で理学療法士として勤務しています。研究題材としましては、仕事というものにフォーカスし、仕事がもつ運動の要素を明らかにし、高齢者の定年後の生き方を提案できればと考えています。

森野 佐芳梨Saori Morino

青山研で修士課程を修了した後、慶應で博士号を取得し、現在は大阪府立大学で教員をしています。主な研究テーマは産前産後の腰痛改善です。新しいもの、面白いことに挑戦するのが大好きで、今後も女性の健康増進を目指して楽しい活動を続けていきます!

山岡 彩加Ayaka Yamaoka

「にこにこ暮らせる地域づくり」をテーマに、研究サポートや講演活動をしている青山研究室卒業生です。 ◎License:理学療法士,「転倒予防体操Step+」主任インストラクター ◎Keywords:健康づくり/生きがいづくり,高齢者介護予防/孤独死/熱中症予防,障がい者スポーツ/就労支援,normalization,successful ageing

吉村 和也Kazuya Yoshimura

2013年に修士課程を修了した吉村です。卒業後2年間厚生労働省で政策づくりに携わり、2015年から株式会社メディヴァでコンサルタントをしています。自治体の地域包括ケアシステムの構築支援のほか、企業のヘルスケア領域の新規事業開発支援などを通じて、質の高い医療・介護・予防サービスを誰もが受けられる世の中の実現を目指しています。

石原 美香Mika Ishihara

学生時代、東京の会員制フィットネスクラブなどでエアロビクスインストラクターとして活動。 『ネスレ日本「Vittel」』『NHK「趣味悠々」』にも出演。その後地元の名古屋戻り、日本最大の産婦人科グループにて産前産後の運動指導に従事。これまで延べ30,000名以上の指導を行う。また産前産後教室の企画・開発・指導者育成や妊娠期のマイナートラブルについての研究、さらに東南アジアでの妊婦の運動指導も経験。現在は、愛知県名古屋市にて「マタニティ・産後・メノポーズ・女性専門スタジオヴォール」を開業し、ウィメンズヘルスに特化した運動指導を提供している。

研究生

山代 千晶Chiaki Yamashiro

研究生の山代です。慣れ親しんだ九州を離れ、念願の京都にやって来ました。現在は8月の院試に向けて、英語に励んでいます。興味のある分野はWomen's Healthです。よろしくお願いします!

陳 昶諭Chen Cho-yu

研究生の陳です。今年台湾から京都にまいりました。修士に進学できるように、受験勉強を頑張ります!勉強だけではなく、日本の生活も満喫したいと思います!

このページの先頭へ